Top >  マンション売却の流れ >  マンション売却の流れ「10:売買契約」

マンション売却の流れ「10:売買契約」

マンション売却の流れで行う10番目のステップは「売買契約」です。

売却条件の交渉で売主・買主ともに納得できたなら、売買契約に向けての日程調整と「重要事項説明書」の準備が媒介契約を行った不動産会社の役割です。

重要事項の説明は、不動産会社が告知義務を満たすための重要な説明で、マンション売却に関するさまざまな取り決めを売主・買主の理解が得られるまで説明します。

実際は、難しい話を聞いて、署名捺印を押す作業ですが、マンションの売主としても重要な取り決めなので、十分に話を聞き、納得したうえで署名しましょう。

また、売買契約が終わると手付金を受け取りますが、同時に媒介契約の手数料(仲介手数料)の一部も支払います。

一般的には、手付金が売却価格の5%から10%で、媒介契約の手数料の一部は半額です。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却の流れ

マンションの売却を進めていく上で、大切なのがあなたのパートナーとなってくれる不動産会社です。どうやっていい会社を見つけ交渉していくのかを紹介します。

関連エントリー