Top >  マンション売却の流れ >  マンション売却の流れ「6:媒介契約業者の決定」

マンション売却の流れ「6:媒介契約業者の決定」

マンション売却の流れで行う6番目のステップは「媒介契約業者の決定」です。

査定を依頼した業者からは、マンション売却を依頼する媒介契約に関する連絡があると思いますので、どの業者に依頼するかを決定しなくてはなりません。

また、媒介成約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。
どの契約で依頼するのかも、決めておきましょう。

ただし、人気物件でない限りは「(専属)専任媒介契約」を結んだ方が確実だといわれています。

どの業者にマンション売却を依頼するかは「業者の規模」「営業担当者との相性」「査定時の印象」など、それぞれであり、何が正しいかは誰にもわかりません。

自分自身が、信頼できると判断した不動産業者を選んで、マンション売却を依頼しましょう。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却の流れ

マンションの売却を進めていく上で、大切なのがあなたのパートナーとなってくれる不動産会社です。どうやっていい会社を見つけ交渉していくのかを紹介します。

関連エントリー