Top >  マンション売却の流れ >  マンション売却の流れ「9:売却条件の交渉」

マンション売却の流れ「9:売却条件の交渉」

マンション売却の流れで行う9番目のステップは「売却条件の交渉」です。

売却するマンションの見学を行い、購入を決意したときは、購入の申込手続きが行われます。

ただ、不動産会社内で行われる手続きのため、具体的内容は売主にまで知らされませんし、購入希望者も仲介業者を通して手続きを行っていますので、この段階では「購入希望者が現れましたよ」くらいしか知らされないでしょう。

しかし、「売却条件の交渉」の重要部分である「価格交渉」については明確に返答する必要があります。

購入希望者を仲介する業者の腕の見せ所は、価格交渉にあるかもしれません。

人気物件なら早めに押さえるために売却価格での購入を薦めると思いますが、不動産業者としての経験で値下げ可能と判断したら、微妙に下げた価格で交渉します。

また、購入希望者の予算によっても値下げ交渉が行われるでしょう。

契約時に伝えた希望額とかけ離れていれば、媒介契約を行った不動産業者で断ると思いますが、値引き可能な範囲であれば不動産業者からの連絡があると思いますので、売主としても決断を迫られることになります。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却の流れ

マンションの売却を進めていく上で、大切なのがあなたのパートナーとなってくれる不動産会社です。どうやっていい会社を見つけ交渉していくのかを紹介します。

関連エントリー