Top >  マンション売却の基礎知識 >  マンション売却基礎知識「一般媒介契約」

マンション売却基礎知識「一般媒介契約」

マンション売却の基礎知識とも言える「一般媒介契約」は、複数の不動産業者にマンション売却の仲介を依頼できる契約方法です。

逆に考えると、複数の不動産業者にマンション売却の仲介を依頼するためには「一般媒介契約」しか選択肢はありませんので基礎知識として覚えておきましょう。

もちろん、売れるまで次々と不動産業者を変えていけば、結果的に複数と契約したことになりますが現実的ではありませんよね。

「一般媒介契約」の基礎知識には、媒介契約を結んでいる不動産業者を明らかにする「明示型」と、隠しておく「非明示型」を選択できることがあります。

「明示型」・「非明示型」については、明示してない不動産業者で取引が成立すると、営業費用の償還請求が起こる可能性があるため、とくに理由がなければ「明示型」を選ぶほうが良いでしょう。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却の基礎知識

マンションを売却する前にある程度の基礎知識は大切です。マンション市場の先行きを含め不動産会社との契約方法などの基礎的なことを紹介します。

関連エントリー