Top >  マンション売却の基礎知識 >  マンション売却基礎知識「仲介手数料」

マンション売却基礎知識「仲介手数料」

媒介契約を結びマンション売却が成功すると不動産業者に「仲介手数料」を支払います。

「仲介手数料」に付いてもマンション売却の基礎知識として覚えておきましょう。
「仲介手数料」は、正式には「媒介報酬」と言います。

基礎知識と言うほどではありませんし「仲介手数料」の方が判りやすいので「媒介報酬」の言葉は利用しませんが、「仲介手数料」は国土交通省発行の「宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額」により規定されています。

一般的な「仲介手数料」は「3%+6万円」と説明されていますが、不思議な6万円の秘密は国土交通省の規定が価格帯で分けられているためです。

例えば2000万円の売買が成立したとします。

受け取り可能「仲介手数料」は、「200万円以下の部分が5%」「200万を超え400万円以下(200万円分)の部分が4%」「400万円を超える部分(1600万円分)が3%」です。

上記を計算すると10万+8万+48万円=66万円です。

同じく2000万円の3%に6万円を足すと66万円になります。

つまり、国土交通の規定を単純化したものが「3%+6万円」です。

マンション売却の基礎知識として覚えておきましょう。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却の基礎知識

マンションを売却する前にある程度の基礎知識は大切です。マンション市場の先行きを含め不動産会社との契約方法などの基礎的なことを紹介します。

関連エントリー