Top >  マンション売却の基礎知識 >  マンション売却基礎知識「一般媒介契約の特徴」

マンション売却基礎知識「一般媒介契約の特徴」

「一般媒介契約の特徴」は、マンションを売却するうえでの大切な基礎知識です。

基礎知識として覚えておいた方が良いのは、一般媒介契約は複数の業者と契約できる売主に優位な契約のため、「不動産業者にも法律で定められた義務は特にない」ことです。

また、売主自身がマンション購入希望者を見つけてきてもかまいません。

「売主」「不動産業者」ともに、比較的自由な契約内容となっているのが、「一般媒介契約の特徴」でしょう。

一般媒介契約のメリット言われていることが、複数の不動産業者から購入希望者が集まるため、「早く」「高額」に売却できるかもしれないことが挙げられます。

高額売却が期待できる物件や、人気の物件が、一般媒介契約に向いているのではないでしょうか。

また、基礎知識とは若干異なりますが、売却希望価格を設定し、希望価格以下で売りたくないときも、一般媒介契約を行いじっくり待つしかありません。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却の基礎知識

マンションを売却する前にある程度の基礎知識は大切です。マンション市場の先行きを含め不動産会社との契約方法などの基礎的なことを紹介します。

関連エントリー