Top >  マンションを売却する際の告知義務 >  マンション売却時の告知義務

マンション売却時の告知義務

マンション売却時の告知義務とは、宅地建物取引業法により定められている「重要事項の説明」義務です。

マンション売却注意点「隠さず伝える」の項で説明したことは売主としての注意点ですが、仲介業者に対して定められた法律的な義務が告知義務です。

宅地建物取引業法では、業者は不動産の取引契約の成立前に、不動産に関する権利関係や法令上の制限、取引条件などの重要事項を、書面を交付して説明する義務があるとしています。

もし、仲介業者にも知らせずに売却すると、売主は損害賠償責任を負うことになります。

仲介業者は法律で定められた義務があり、売主には売却した責任があるということですね。

ただし、仲介業者は不動産取引の専門家であるため、売主よりも厳く法律で管理されています。

売主が報告していたにもかかわらず、仲介業者が告知義務をおこたり問題となったときには、仲介業者が賠償責任を負うことになります。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンションを売却する際の告知義務

マンション売却における告知義務とは売却するマンションの不具合や問題点を仲介業者に伝えなければならない法律的な義務が告知義務です。告知義務を怠ると後々賠償問題になる可能性があるので注意が必要です。

関連エントリー