Top >  マンションを売却する際の告知義務 >  マンション売却時の告知義務「一般的な例」

マンション売却時の告知義務「一般的な例」

マンション売却時の告知義務と言われても、解りづらいので一般的な例を挙げてみます。

◆「自殺・殺人・火事物件」

過去に自殺や殺人のあった物件の話題は、ワイドショーなどでも見かけますよね。

仲介業者は、心理的な影響を及ぼす過去の事件や出来事を告知する義務があります。

ただし、室内以外での事件に関しては告知する義務は発生しません。

隣の部屋や階段は、例えどんな事件が起ころうとも告知義務の対象外です。

◆「火葬場・墓地と隣接地の建設計画や周辺環境」

火葬場や墓地が悪いというわけではありませんが、契約時に説明がなければ告知義務違反です。

また、すぐ隣にマンションが立つと眺望が変わりますよね。

眺めが良いからマンションを買ったのに、目の前に新たなマンションが建つと、眺望なんて言っていられなくなります。

つまり、告知義務は「契約前に知っていれば買わなかったのに」と言う問題を防ぐ目的で課せられています。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンションを売却する際の告知義務

マンション売却における告知義務とは売却するマンションの不具合や問題点を仲介業者に伝えなければならない法律的な義務が告知義務です。告知義務を怠ると後々賠償問題になる可能性があるので注意が必要です。

関連エントリー