Top >  マンションを売却する際の告知義務 >  マンション売却時の告知義務「時期」

マンション売却時の告知義務「時期」

告知義務の時期を果たす時期は、「契約締結前に」と義務づけられているものの、具体的な期限は定められていません。

そのため、一般的には売買契約と同じ日に行うことが多いようです。

マンション購入のときにも、仲介業者や販売業者は、告知義務を果たすため、重要事項の説明を行ったはずです。

マンション購入のときには、売買契約の一連の流れとして重要事項の説明を受けていたと思いますが、マンション売却のときは気になる内容でしょうから、印象に残るでしょうね。

また、仲介業者は重要事項を記載した書面を用意しますので、売主としても重要事項に書かれた内容を認める署名捺印を行う必要があります。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンションを売却する際の告知義務

マンション売却における告知義務とは売却するマンションの不具合や問題点を仲介業者に伝えなければならない法律的な義務が告知義務です。告知義務を怠ると後々賠償問題になる可能性があるので注意が必要です。

関連エントリー