Top >  マンションを売却する際の告知義務 >  マンション売却時の告知義務と瑕疵担保責任

マンション売却時の告知義務と瑕疵担保責任

マンション売却時の告知義務に関連する要件として、「瑕疵担保責任」があります。

「瑕疵担保責任」は、売買契約時には解らなかった不具合を保証するための取り決めです。

すでに判明している不具合や修正結果に関しては告知義務により「重要事項の説明」が行われますが、気付いていないだけで、何かの不具合が発生する兆しがあるかもしれません。

「瑕疵担保責任」は、あらかじめ何らかの不具合が発生したときの取り決めを行い、不具合発生時の処理を円滑に進めるためにあります。

また、「瑕疵担保責任」の対象となる不具合としては、外壁の隙間から雨水がしみこんで内部の鉄筋を錆びさせたり、最近話題になった、マンション構造上の欠陥である耐震偽装などが該当しますが、告知義務を果たしていなかっことに関しても、瑕疵担保責任の取り決めに沿って保障されます。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンションを売却する際の告知義務

マンション売却における告知義務とは売却するマンションの不具合や問題点を仲介業者に伝えなければならない法律的な義務が告知義務です。告知義務を怠ると後々賠償問題になる可能性があるので注意が必要です。

関連エントリー