Top >  マンションを売却する際の告知義務 >  マンション売却時の告知義務と瑕疵担保責任の取り決め

マンション売却時の告知義務と瑕疵担保責任の取り決め

マンション売却時の告知義務は宅地建物取引業法により定められ、瑕疵担保責任には民法上の定めがあります。告知義務や瑕疵担保責任の取り決めは、ともに「重要事項の説明」により、マンション購入者へ伝えられますが、民法上の定めがあるのに何故、瑕疵担保責任の取り決めが必要なのかと考えませんか?

実は瑕疵担保責任の取り決めは、保障内容を民法での定め以下に設定することが可能になっているのです。

マンションはともかく、売却したのが中古の一戸建てなら10年間の雨漏りを保障するのは、かなり無理のある契約です。

仲介業者は住宅の専門家であるゆえ告知義務を負っていますし、新築物件は10年くらいは不具合なくて当然と言えます。

しかし、中古物件に関しては、瑕疵担保責任の取り決めにより、保証を免除すること寝可能です。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンションを売却する際の告知義務

マンション売却における告知義務とは売却するマンションの不具合や問題点を仲介業者に伝えなければならない法律的な義務が告知義務です。告知義務を怠ると後々賠償問題になる可能性があるので注意が必要です。

関連エントリー