Top >  マンション売却の基礎知識 >  マンション売却基礎知識「一般媒介契約のデメリット」

マンション売却基礎知識「一般媒介契約のデメリット」

「一般媒介契約のデメリット」も、基礎知識として覚えておいたほうが良いでしょう。

一般媒介契約は、売主にとって良いことばかりで、理想の媒介契約のようですが、当然のことながらデメリットも存在します。

仮に4社の不動産業者がひとつの物件を売却しようと活動したとします。

数日経ち、努力の結果4社とも希望者を見つけたとしても、物件はひとつしかありませんので、4社のうち3社は数日間の努力が無駄になってしまうわけです。

過去にも同じような状況が起こっていると考えると、だんだん無駄な努力をしたくなくなりますよね。

無駄な努力はともかく「広告費用」や「積極的な販売」を惜しむようになってくることが、一般媒介契約の基礎知識と言えるデメリットです。

一般媒介契約はマンション売却には有効な契約ですが、デメリットの部分も基礎知識として覚えておきましょう。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却の基礎知識

マンションを売却する前にある程度の基礎知識は大切です。マンション市場の先行きを含め不動産会社との契約方法などの基礎的なことを紹介します。

関連エントリー