Top >  マンションを売却する際の告知義務 >  マンション売却時の告知義務と瑕疵担保責任「特約」

マンション売却時の告知義務と瑕疵担保責任「特約」

マンション売却時の告知義務は、宅地建物取引業法により定められいるため、いくら特殊な契約を結ぼうとも免れることはできませんし、売り主が不具合を隠していた場合も免れる方法はありません。

しかし、中古マンションの売却など、ある程度の不具合が予想される不動産売買では、「特約」を結び、瑕疵担保責任を回避することが可能です。

マンションの売り主が個人の時には「瑕疵担保責任」そのものを免除することが可能です。

これは、売り主は専門家ではなく一般庶民であり、将来の予想もできなければ、隠れた不具合を見抜く能力もないと判断されるからです(告知義務の免除は不可)。

しかし、マンションの売り主が不動産業者のときには、宅地建物取引業法を守る必要があります。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンションを売却する際の告知義務

マンション売却における告知義務とは売却するマンションの不具合や問題点を仲介業者に伝えなければならない法律的な義務が告知義務です。告知義務を怠ると後々賠償問題になる可能性があるので注意が必要です。

関連エントリー