Top >  マンション売却に掛かる費用 >  マンション売却にかかる費用「仲介手数料」

マンション売却にかかる費用「仲介手数料」

マンションの売却時には、さまざまな費用が必要となりますが、中でも最も大きな額を占めるのは「仲介手数料」でしょう。

「仲介手数料」は、「媒介報酬」や「仲介報酬」と呼ばれることもありますが、不動産仲介業者に支払う成功報酬です。

つまり「仲介手数料」は、あくまでも「成功報酬」なので、契約期限内購入者が見つからなかったり、購入希望者が見つかったとしても売買契約が設立しなければ、「仲介手数料」を支払う必要はありません。

マンションがめでたく売却できたとき、お礼の意味も込めて支払う手数料が「仲介手数料」です。

「仲介手数料」の金額は、一般的には「成約価格(売買が成立した価格)×3%+6万円と消費税」です。

消費税抜きで考えても、2000万円で売却できると66万円の「仲介手数料」が掛かります。

不動産仲介業者の方が、マンションの売却に向けて一生懸命に働いてくれた結果なのでしょうけど「仲介手数料」は高額ですよね。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却に掛かる費用

マンション売却にかかる費用・手数料について解説しているカテゴリーです。売却したい物件の査定自体は無料であることがほとんどですが、不動産屋さんと実際に契約して売買が成立すると仲介手数料がかかります。

関連エントリー