Top >  マンション売却に掛かる費用 >  マンション売却にかかる費用「仲介手数料の用途」

マンション売却にかかる費用「仲介手数料の用途」

マンションの売却時にかかる費用で、最も大きな額を占めるのは「仲介手数料」でしょう。

「仲介手数料」とは、マンション売却希望者と、マンション購入希望者の間を取り持つため必要とされる費用です。

「仲介手数料」には、新聞や住宅情報誌への広告費用や、さまざまに営業活動に必要な交通費、売却のため必至で働く仲介業者の社員に支払われる給料が含まれています。

インターネットのマンション売却情報サイトに登録して待っていると、購入希望者の方から、やってきてくれるくらい人気物件なら苦労は少ないと思います。

しかし、実際は、新聞の折込チラシに入れたり、不動産情報誌に載せたりと、かなりの広告費が必要になります。

また、インターネットのマンション売却情報であっても、見やすくて判りやすい売却情報を作るとなると、時間と手間が掛かりますよね。

つまり、仲介手数料によって売却に必要な経費がまかなわれるため、マンション売却にかかる費用の中では、もっとも高額になっています。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却に掛かる費用

マンション売却にかかる費用・手数料について解説しているカテゴリーです。売却したい物件の査定自体は無料であることがほとんどですが、不動産屋さんと実際に契約して売買が成立すると仲介手数料がかかります。

関連エントリー