Top >  マンション売却に掛かる費用 >  マンション売却にかかる費用「抵当権抹消」

マンション売却にかかる費用「抵当権抹消」

マンションの売却時には、仲介手数料の他にも「抵当権抹消」の費用が必要となってきます。

「抵当権抹消」とは、住宅ローン会社に設定されている抵当権を抹消するための手続きです。

住宅ローンを組むときに購入するマンションを担保にして資金を借りると、抵当権が住宅ローン会社に設定され、ローンが返済できないときはマンションを売却して、住宅ローン会社が残金を回収します。

また、抵当権を設定したままではマンションを売却できません。

もちろん、抵当権の設定されてないマンションには不要な作業ですが、抵当権の設定されたマンションでは、売却費用を受け取るとすぐに、ローン残金の支払いを済ませて抵当権を抹消します。

「抵当権抹消」は、個人でも行えるようですが、一般的には司法書士などに依頼することになるため、別途費用が発生してしまいます。

金額的には2万円程度の費用のようですが、何かと節約が必要な時期の2万円はつらいかもしれませんね。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却に掛かる費用

マンション売却にかかる費用・手数料について解説しているカテゴリーです。売却したい物件の査定自体は無料であることがほとんどですが、不動産屋さんと実際に契約して売買が成立すると仲介手数料がかかります。

関連エントリー