Top >  マンション売却の基礎知識 >  マンション売却基礎知識「専任媒介契約」

マンション売却基礎知識「専任媒介契約」

マンション売却の基礎知識「専任媒介契約」は、1社の不動産業者にマンション売却の仲介を依頼する契約方式のひとつです。

「専任媒介契約」では、複数の不動産業者とは契約できないことを、基礎知識として覚えておきましょう。

例えば、1社は「一般媒介契約」でもう1社が「専任媒介契約」なんてことはできませんし、片方を「非明示型の一般媒介契約」にして、こっそり「専任媒介契約」なんてことを行うと、裁判沙汰になる可能性があります。

基礎知識と言うよりも、禁止事項ですので、忘れずに覚えておいてください。

1社のみしか契約できない「専任媒介契約」でも、売主自身がマンション購入希望者を見つけてくることは認められています。

ただし、不動産業者は「専任媒介契約」履行のため、広告費用や人員を使っていますので、要した費用を支払う必要がでてきます。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却の基礎知識

マンションを売却する前にある程度の基礎知識は大切です。マンション市場の先行きを含め不動産会社との契約方法などの基礎的なことを紹介します。

関連エントリー