Top >  マンション売却にかかる税金 >  マンション売却にかかる税金「所得税」

マンション売却にかかる税金「所得税」

マンションの売却時にかかる税金として「所得税」が挙げられますが、売却時に利益が出たときに限られますので通常は心配無用です。

「売却時に利益が出る」とは、「購入時よりも高くマンションを売却できたとき」ですが、運良く高く売れたとしても「購入時に掛かった費用との差額」なので、3000万円で購入したマンションが3500万円で売れたとしても、税金(所得税の対象)は500万円のみです。

また、マンション購入時に掛かった諸費用(仲介手数料や取得費用)を全て差し引くことができるため、500万円利益があったとしても、純利益は350万程度にまで下がります。

そして、もっとも重要なのが、住宅用として利用していたマンションなら「3000万円の特別控除」が受けられることです。

マンション売却で3000万円以上の売却益を得ることは、そう簡単にはありえませんので、税金(所得税の対象)に関しては心配無用かもしれません。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却にかかる税金

マンションを売却して利益が出れば所得税がかかります。ただし、利益が出なければ発生しません。また不動産売買契約書にも収入印紙をはらなくてはいけないので印紙税がかかります。

関連エントリー