Top >  マンション売却の基礎知識 >  マンション売却基礎知識「専任媒介契約の特徴」

マンション売却基礎知識「専任媒介契約の特徴」

マンション売却の基礎知識「専任媒介契約」は、1社の不動産業者とマンション売却の媒介契約を結びます。

制限だけで考えると「一般媒介契約」の方が、メリットは多いような気がしてしまいますよね。

しかし、「専任媒介契約」にも大きなメリットがあります。

「専任媒介契約」の基礎知識として重要なのは、1社のみ任された責任の重さを不動産業者に実感させることができる契約であることです。

また、専任媒介契約では、複数の不動産業者とは契約できないため、無駄な努力になることはありませんし、広告費用や人員を使っても、「売買成功・媒介契約達成」と結果に結びつけることができます。

不動産業者としての責務を全うすれば、「仲介手数料」を受け取ることができる安心感が、営業活動を支えてくれるのです。

つまり、契約するのは1社の不動産業者であっても、複数の不動産業者を超える働きが期待できるのが「専任媒介契約の特徴」です。

専属専任媒介契約にも言える特徴ですが基礎知識として覚えておきましょう。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却の基礎知識

マンションを売却する前にある程度の基礎知識は大切です。マンション市場の先行きを含め不動産会社との契約方法などの基礎的なことを紹介します。

関連エントリー