Top >  マンション売却する際の注意点 >  マンション売却の注意点「瑕疵担保責任とアフターサービス」

マンション売却の注意点「瑕疵担保責任とアフターサービス」

瑕疵担保責任とアフターサービスの違いが解りにくいので、マンション売却の注意点としてまとめておきます。

瑕疵担保責任は、最低2年間を保障する義務です。
アフターサービスでも、2年くらいは保障してくれます。

「瑕疵担保責任とアフターサービス」どちらも、雨漏りや、構造上の欠陥を保障してくれる取り決めですが、実は大きな違いがあります。

瑕疵担保責任は、法律で定められた義務のため、場合によっては「損害賠償請求が行える」ことを注意点として覚えておいてください。

例えば、不具合の修正のため長期間マンションに住めないときには賠償請求が行えますし、契約の解除ですら可能です。

しかし、アフターサービスはあくまでも「無料で修理する」等のサービスであるため、修理期間中の損害を補償してくれと訴えることはできません。

瑕疵担保責任とアフターサービスは、どちらも不具合を修理してくれるシステムですが、2つの違いを注意点として覚えておきましょう。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却する際の注意点

マンションを売却する際に注意するポイントがいくつかあります。そのポイントを抑えることでスムーズな売却を行うことが出来ます。

関連エントリー