Top >  マンションを売却を依頼する業者 >  マンション売却業者「不動産業者の生い立ちはさまざま」

マンション売却業者「不動産業者の生い立ちはさまざま」

一口にマンション売却業者(不動産業者)と言っても、生い立ちはさまざまです。

一般的には「大手の不動産業者」「地元の不動産業者」の2つか、追加があるとしても「中小不動産業者」くらいでしょう。

しかし、もっと詳しく区分けすると7種に分けることができます。

  • 地元の不動産業者
  • 中小不動産業者
  • 大手不動産業者
  • 銀行グループの不動産業者
  • ゼネコン系の不動産業者
  • 住宅メーカー系の不動産業者
  • 買取り専門の不動産業者

細かく分ければ7種ですが、「銀行グループ」「ゼネコン系」「住宅メーカー系」を全てまとめて「大手不動産業者」と呼びますし、「中小不動産業者」も「地元の不動産業者に含めてしまうことが多いです。

生い立ちは違いますが、同じ仲介業をやってると違いが判らないと言うのが庶民の意見かもしれません。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンションを売却を依頼する業者

マンションを売却するには不動産業者に依頼する必要があります。業者にも得意分野が存在しますので、あなたの希望する物件にマッチした不動産業者に依頼するようにしましょう。

関連エントリー