Top >  マンション売却に関する用語集 >  マンション売却に関する用語集「公示地価」

マンション売却に関する用語集「公示地価」

マンション売却に関する用語「公示地価と基準地価」についてまとめておきます。

公示地価は、国土交通省が毎年公表している土地価格で、「1月1日」の時点でいくらなのかを表しています。

公示地価の調査は、国土交通省に依頼された不動産鑑定士が行いますが、平成17年度には全国31230地点を2680人の不動産鑑定士が評価したそうです。

公示地価は、土地取引の用語ですが、マンション査定においても基礎資料になるため、公示地価の公表される3月下旬以降は、場合によっては査定価格が下がることもあり得ます。

また、同様の用語として「基準地価」が挙げられます。

基準地価は、各都道府県が調査する、7月1日の時点における土地の価格です。

基準地価では住宅地や商業地、工業地なども調査されるため、公示地価よりも広範囲の地価が発表されます。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却に関する用語集

マンション売却する際に様々な言葉が出てきます。一般の方にはよく分からないことも多々あります。このカテゴリではマンションを売却する際に出てくる用語をまとめました。

関連エントリー