Top >  マンション売却に関する用語集 >  マンション売却に関する用語集「宅地建物取引主任者」

マンション売却に関する用語集「宅地建物取引主任者」

マンション売却に関する用語「宅地建物取引主任者」についてまとめます。

宅地建物取引主任者は、不動産業者のホームページでよく見かける用語ですが、マンションの売買や賃貸の取引、土地取引を行う不動産取引の専門家です。

不動産業者では、従業員5人につき、最低1人の宅地建物取引主任者を置くように義務づけられています。

宅地建物取引主任者の資格を得るには、都道府県知事が実施する資格試験に合格する必要があります。

過去の合格率は15%ほどであり、比較的難易度の高い試験と言えるでしょう。

同様の用語に「不動産鑑定士」がありますが、不動産鑑定士は国家試験であり、合格率は2%ほどと、司法試験なみに難易度の高い試験です。

不動産鑑定士の仕事は不動産価格の評価が主なので、宅地建物取引主任者とは役割が違いますが、どちらも不動産取引においては重要な役割を担っています。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却に関する用語集

マンション売却する際に様々な言葉が出てきます。一般の方にはよく分からないことも多々あります。このカテゴリではマンションを売却する際に出てくる用語をまとめました。

関連エントリー