Top >  マンション売却に関する用語集 >  マンション売却に関する用語集「外断熱」

マンション売却に関する用語集「外断熱」

マンション売却に関する用語「外断熱」についてまとめます。

外断熱は、最近多く見かける用語のひとつで、テレビCMでも流れていますよね。

外断熱とは、マンションの骨格をすべて断熱材で覆い、建物を隙間なく断熱材で囲んだ構造です。

従来の方式は用語「内断熱」と呼ばれていますが、外壁内側に断熱材を入れるため、骨格やコンクリートの柱部分には断熱材を入れることができません。

つまり、断熱材の有る部分と、無い部分に温度差が生じることになるため、冷暖房効率が悪く、時には結露を生じます。

外断熱では、マンションの外側から建物自体を断熱材で囲い込むため、外気に触れる部分が少なくなります。

つまり、マンション自体が魔法瓶の中に入ったような構造ですね。

ただ、残念なことに外断熱で建築されたマンションは、工事費用が高くなるため、購入価格も高くなります。

しかし、売却を考えてるマンションが外断熱構造ならば、内断熱構造よりも高く売却できることになります。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却に関する用語集

マンション売却する際に様々な言葉が出てきます。一般の方にはよく分からないことも多々あります。このカテゴリではマンションを売却する際に出てくる用語をまとめました。

関連エントリー