Top >  マンション売却の基礎知識 >  マンション売却基礎知識「専属専任媒介契約の特徴」

マンション売却基礎知識「専属専任媒介契約の特徴」

マンション売却の基礎知識「専属専任媒介契約」も、1社の不動産業者とマンション売却の仲介契約を結ぶ方式です。

「専属専任媒介契約」の基礎知識は、1週間に1度のマンション売買活動報告を売主に対して行う義務があることでした。

もうひとつの基礎知識として覚えておいて欲しいことは、「専属専任媒介契約」では、レインズ(指定流通機構:国土交通大臣の指定を受けた不動産流通機構が運営するコンピュータ・ネットワークシステム)への登録を、5日以内(専任媒介契約では7日以内)に行うことが義務付けられていることです。

つまり、「専属専任媒介契約の特徴」は、週間に1度のマンション売買活動報告と、5日以内にレインズへの登録が義務付けられていることになります。

実際のところ良心的な不動産業者ならば、「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」は同じといえるでしょう。

ただ、「専属専任媒介契約」と言う、最も不動産業者信頼し、法的条件の厳しい媒介契約であることが、営業担当者の気持ちを高めてくれるのかもしれません。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却の基礎知識

マンションを売却する前にある程度の基礎知識は大切です。マンション市場の先行きを含め不動産会社との契約方法などの基礎的なことを紹介します。

関連エントリー