Top >  マンション売却の基礎知識 >  マンション売却基礎知識「専属専任媒介契約のデメリット」

マンション売却基礎知識「専属専任媒介契約のデメリット」

マンション売却基礎知識「専属専任媒介契約のデメリット」は、他の業者には依頼できないことですが、自分で購入希望者を探せないこともデメリットです。

また、契約を結んでみたものの、不動産業者の働きが悪いような気がするとか、期待した結果を出せないなどで途中解約するときは、不動産業者がマンションの売却のために使った費用を負担しなくてはなりません。

費用の負担は、重要な基礎知識でしょうね。

通常は3ヶ月間の契約になりますので、場合によっては3ヶ月間を無駄に過ごすこともありえるのです。

もちろん、売買契約が成立しなければ仲介手数料は発生しないため、契約期間が終わればどんなに広告費を使っていようとも支払い義務はありません。

しかし、売却を急いでいるときに満足な働きが見えないとつらいですよね。

デメリットとともに専属専任媒介契約の基礎知識では、とくに不動産業者選びが重要と覚えておく必要があります。

マンションを売却する一番簡単な方法

いざマンションを売りたいと思ってもどうしてよいか分からないことってありますよね。

そんな時は、まず、あなたのマンションを複数の大手不動産会社に一括査定依頼して見ましょう。無料ですのでお気軽にお申込みくださいませ。

>>NTT DATA【HOME4U】マンションの売却査定はこちらから

マンションの売却査定トップに戻る

マンション売却の基礎知識

マンションを売却する前にある程度の基礎知識は大切です。マンション市場の先行きを含め不動産会社との契約方法などの基礎的なことを紹介します。

関連エントリー